Jr. の大和路を拠点とするフォトブログです。


by Jr.

プロフィールを見る

ブログパーツUL5
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

初陽。
at 2017-03-27 17:23
恍惚。
at 2017-03-22 04:00
In the Stormy
at 2017-03-21 04:07
茜。
at 2017-03-19 22:47
迷う。
at 2017-03-01 19:26
追憶。
at 2017-02-24 04:00
記憶。
at 2017-02-23 23:02
竹田遠望。
at 2017-01-08 01:53
謹賀新年 平成二十九年元旦
at 2017-01-01 00:00
深まる秋の砥峰。②
at 2016-12-27 04:00
深まる秋の砥峰。①
at 2016-12-26 20:13
遙か南西に望む。
at 2016-12-20 19:00
晩秋の色音。②
at 2016-12-18 05:30
晩秋の色音。①
at 2016-12-17 06:02

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

検索

外部リンク

メモ帳

お気に入りブログ

花の調べ
aviの額
Deep Season 
まほろば 写真俳句
walk with my...
ratoの大和路
Switch Off
Smell of Hyuga
東大寺が大好き
奈良らん
明日香ふぉと
四季彩り~写真紀行
toshi の ならはまほろば
いけふぉと
ぶらり記録(写真) 奈良...
ようこそ奈良へ

タグ

(63)
(37)
(37)
(35)
(34)
(33)
(23)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

最新のコメント

shuさん ありが..
by wild-hunch at 13:23
鍵コメさん ご指摘..
by wild-hunch at 13:17
素晴らしい この場..
by WWMC at 21:26
<非公開コメント> 正..
by mahoroba-shahai at 17:45
鍵コメさん いえい..
by wild-hunch at 13:53

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ
  • 当方ブログに掲載されている写真・画像・イラスト等を無断で使用することを禁じます。

暴風の東大台 part 1

2014年 11月 27日
2014年11月27日(火)
--------------------------------------------------


暴風の東大台 part 1



10月28日。


自宅を早々出発。


またも大台ケ原に走る。




というのも、この6日前に許可を得て

西大台を周ってきたのだが、


好コンディションであった。




じゃあ 東はどうだろう?


欲を出した。





明け前、ドライブウェイを上がるにつれ


風が強くなっていく。


そして到着した駐車場は


暴風が吹き荒れていた。




しかも暗くて視界が悪い。


ハイビームにしてわかった。


濃霧だ。 駐車場全体が見渡せない。




本来なら速準備で


出発しなければならないが、


無論日の出を望めそうもない。




暴風で揺れる車内で小一時間ほど待機し、


さあそろそろと準備をする。


これは寒い。 真冬装備に着替える。


他にも数台の車が停まっているが、


動きがない。


そりゃそうだ。 そんなバカはひとりで十分だ。




意を決して歩き出した。


道中穏やかだったが、


デッキに着くと、やはり暴風が


吹き荒れていた。




もう日の出の時間なのだが、


明ける気配がない。


霧が強すぎるのだろう。


デッキから向こうが見えない。




じっとしていると、着込んではいるが


気持ちの問題か 何だか寒い。




視界のない闇で一人暴風に打たれる。

間が持たず、兎に角 日出ヶ岳展望台に上がる。



吹き飛ばされそうになりながら階段を登る。




上がったからと言って状況は無論変わらない。

が、ここには展望台がある。

明るくなるまでこの中でやり過ごす。






a0313234_12180784.jpg





・・・どれぐらい経ったか、やっと視界が開けてきた。

ヨロヨロと外へ出る。







! 驚いた。     全てが凍っていた・・・・







a0313234_12564974.jpg






by wild-hunch | 2014-11-27 05:28 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード