Jr. の大和路を拠点とするフォトブログです。


by Jr.

プロフィールを見る

ブログパーツUL5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

眠れる里。 ②
at 2017-04-14 18:00
眠れる里。 ①
at 2017-04-13 23:30
獅子の刻。
at 2017-04-08 18:00
昇陽。
at 2017-04-02 03:00
初陽。
at 2017-03-27 17:23
恍惚。
at 2017-03-22 04:00
In the Stormy
at 2017-03-21 04:07
茜。
at 2017-03-19 22:47
迷う。
at 2017-03-01 19:26
追憶。
at 2017-02-24 04:00
記憶。
at 2017-02-23 23:02
竹田遠望。
at 2017-01-08 01:53
謹賀新年 平成二十九年元旦
at 2017-01-01 00:00
深まる秋の砥峰。②
at 2016-12-27 04:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

検索

外部リンク

メモ帳

フォロー中のブログ

花の調べ
aviの額
Deep Season 
まほろば 写真俳句
walk with my...
ratoの大和路
Switch Off
Smell of Hyuga
東大寺が大好き
奈良らん
明日香ふぉと
四季彩り~写真紀行
toshi の ならはまほろば
いけふぉと
ぶらり記録(写真) 奈良...
ようこそ奈良へ

タグ

(63)
(37)
(37)
(35)
(35)
(33)
(23)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(8)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

最新のコメント

らんさん 御厨人窟..
by wild-hunch at 23:43
高知県の室戸岬にある御厨..
by nararanran at 14:38
shuさん この月..
by wild-hunch at 11:11
ratoさん 獅子..
by wild-hunch at 10:14
素晴らしいなあ! これ..
by WWMC at 20:23

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ
  • 当方ブログに掲載されている写真・画像・イラスト等を無断で使用することを禁じます。

何度目の青空か。

2015年 12月 08日


 何度目の青空か。








天国へも続くであろう木階段を登る。










a0313234_14062352.jpg














a0313234_14375689.jpg














a0313234_14193298.jpg














a0313234_14240630.jpg














a0313234_14411445.jpg














a0313234_14461964.jpg














a0313234_14513839.jpg








どれだけ歩いたのか、すっかり解け落ちてしまった。


また来年お世話になります。















a0313234_13503444.jpg











shooting date 2015/11/29






by wild-hunch | 2015-12-08 15:54 | Comments(8)
Commented by rato-yamato at 2015-12-08 18:07
やっぱり根雪前になるの霧氷と青空はええな〜
ドライブウェイがもうちょっと短かったら歩いて行く気になるんやけど。
河本さんを見習わなければ・・・
Commented by たかこ姫 at 2015-12-09 07:56 x
「エッ!Jr.さん、何処に?」とハラハラした日は...ここに?
~儚いものほど美しい~ そんな言葉がぴったり!
大自然が創った砂糖細工のような霧氷  きれいネ~☆
我慢強い努力の結果が報われました\(*^_^*)/

アレ? カチンカチンのJr.さん似の砂糖細工の木がカメラを構えて。。。

   ほんとに下りてきた?     ニヤッ✿
Commented by WWMC at 2015-12-09 18:01
ブルーと白に覆われた風景、その下に透けて見える
大自然の複雑な色あい....いやあ心憎い(^_^)!

最後の鈍く暉る太平洋も、やったぜという充足感が
伝わってきます。ソロで行くJrさん、いいなあ
Commented by oneman_avi at 2015-12-10 13:35
Jr.さん、コンニチハ-!
おぉぉ・・・、って感動してました。
日の光が美しさを一層引き立てますね!!
ヒトッコヒトリいなかったんですか?神秘的過ぎて、日常を忘れちゃいますね!
綿のよーに繊細で美しい霧氷、
スッカリとけてしまうほど夢中になられたんですね~^^
今年は私も初アイゼン装着、金剛山へ樹氷と霧氷を見にいきましたが
確かに、虜になっちゃいますね~♪
素敵なお写真を有難うございます^^
Commented by wild-hunch at 2015-12-10 22:05
ratoさん

当日は残念、雪が少なかったですね。
もうチョットしっかりした霧氷が欲しいですが
雪で7時間歩くのは流石に無理です^^;
Commented by wild-hunch at 2015-12-11 02:30
たかこ姫さん

風と寒気が創りだすアートですね。
これだけの青空でも指が冷えてシャッターを
押しづらくなるぐらいの寒さです。
確かにジッとしていたら氷のオブジェに
なりかねませんよ^^;

あ、そのFBに投稿した日は別日ですね。
そちらはまた後日アゲますのでお待ち下さいね。
Commented by wild-hunch at 2015-12-11 03:06
shuさん

雪や霧氷に会いに山に登って、
実際にエエものが撮れるかは行ってみないと判らず。
まあギャンブルですね。
もうチョット雪と霧氷のボリュームが欲しかったんですが、
また来年の楽しみにとっておきます。

一人、暗闇の雪道を登山することが
癖になりだしたらホンマモンやと思います^^
Commented by wild-hunch at 2015-12-11 03:46
aviさん

こんにちは^^
当日は空振りだなと思いつつ大台に入ったので
嬉しかったです。
雪と霧氷のボリュームに欠けましたが、
空と朝日を浴びる光景に見惚れました。

朝一は誰にも会いませんでした。
日が上がった頃からトレッキングの方が数名来られました。
カメラマンはいないのかなぁと
正木のてっぺんに上がると大台ヶ原の主のKさんにお会いしました。
(↑でratoさんがお名前出されてますね。)
撮影を終え、色々お話している間に解け落ちました^^

広い画を撮るなら葛城山がオススメですよ。
朝一のロープウェイに乗らなければなりませんが^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード