Jr. の大和路を拠点とするフォトブログです。


by Jr.

プロフィールを見る

ブログパーツUL5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

2017 春。  ~ 桜 ..
at 2017-07-07 12:00
爽夕。
at 2017-06-30 23:47
暮れなずむ二月堂。
at 2017-06-29 23:38
裏参道に舞う。
at 2017-06-25 19:00
樹海の朝。
at 2017-06-24 08:00
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-06-04 11:56
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-06-03 01:00
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-05-31 18:00
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-05-31 16:00
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-05-31 09:07
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-05-27 08:00
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-05-26 08:00
2017 春。  ~ 初春 ..
at 2017-05-25 08:00
眠れる里。 ②
at 2017-04-14 18:00

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

検索

外部リンク

メモ帳

フォロー中のブログ

花の調べ
aviの額
Deep Season 
まほろば 写真俳句
walk with my...
ratoの大和路
Switch Off
Smell of Hyuga
東大寺が大好き
奈良らん
明日香ふぉと
四季彩り~写真紀行
toshi の ならはまほろば
いけふぉと
ぶらり記録(写真) 奈良...
ようこそ奈良へ

タグ

(64)
(41)
(41)
(37)
(35)
(33)
(23)
(15)
(13)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(8)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

最新のコメント

ratoさん もう..
by wild-hunch at 12:07
今年もオオヤマザクラに行..
by rato-yamato at 13:41
ねぇさん アラ、お..
by wild-hunch at 01:04
オホッ!! Mr.Jr..
by susatan at 19:24
らんさん 御厨人窟..
by wild-hunch at 23:43

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ
  • 当方ブログに掲載されている写真・画像・イラスト等を無断で使用することを禁じます。

タグ:東吉野 ( 33 ) タグの人気記事

南方の妖精たちを視察。

2015年 06月 28日
2015年6月28日(日)
--------------------------------------------------


南方の妖精たちを視察。




さて、このタイムリーなブログはやっと東吉野へ。


今年は当たり年のようで楽しみだった。

この日は視察へ行った。







a0313234_15384148.jpg















a0313234_15464297.jpg











shooting date 2015/6/14






by wild-hunch | 2015-06-28 16:14 | Comments(2)

頂上にて明ける End

2015年 03月 17日
2015年3月16日(月)
--------------------------------------------------


頂上にて明ける End






また来シーズンも雪山にアタックしたいと思います。

安全最優先で。









a0313234_13124270.jpg













a0313234_13125208.jpg














a0313234_13125680.jpg














a0313234_13124797.jpg









話は変わりますが、二月堂にて修二会が無事満行となりました。

で、お世話になった方々にご挨拶もできませんでしたので、

この場にてお許し願います。




今年もお気遣いと教えをいただきましたsusatanさん、

毎度の御手配ありがとうございますratoさん、

この時期にしか来ない私に知識をくださった Oさん、Ksさん

毎度皆勤賞のFさん、

毎度のお付き合いありがとうございます懲りない面々 toshiさん、

お久しぶりのmasaさん、

やっとお会いできました知識をいただきました 森羅塾さん


皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

またお会いしましょう!






後、大したことでもないのですが、

今回の修二会 お水取りに関してのblogへの投稿は、

私の中で思うとこがあり、反省も含め見送ることにしました。

まあ、ロクなものも撮れていません。

お気になさらぬよう。





さて、これで春ですねぇ。

Homeに戻りますわ





shooting date 2015/2/15






by wild-hunch | 2015-03-17 21:23 | Comments(2)

頂上にて明ける ②

2015年 03月 15日
2015年3月15日(日)
--------------------------------------------------


頂上にて明ける ②




待望の日が差し出した。

が、焼けはなかった・・・残念



しかし、ここは山頂。  特殊効果が起動する。


なんだろう この光の周り方。 Milkyな感じ。



懲りない変人二人の感嘆の声が響く。












a0313234_13082933.jpg















a0313234_13083851.jpg















a0313234_13084400.jpg















a0313234_13084906.jpg












shooting date 2015/2/15






by wild-hunch | 2015-03-15 12:30 | Comments(8)

頂上にて明ける ①

2015年 03月 11日
2015年3月11日(水)
--------------------------------------------------


頂上にて明ける ①




今シーズン、ラストの高見山へ。


この日は頂上で夜明けを迎えるべく、

闇の登山道を急いだ。





頂きは、霞の中であった。








a0313234_03510467.jpg














a0313234_03512240.jpg
















a0313234_03513068.jpg














a0313234_03513678.jpg




さあ、どうだろう?

期待が高まるこの時が、一番楽しいのかもしれない。




・・・今回の撮影分、投稿し忘れていた。

またHDDの肥やしにするとこだった。


現在、修二会のお水取り期間だが、

こちらの投稿分は満行後にいたします。





shooting date 2015/2/15






by wild-hunch | 2015-03-11 04:29 | Comments(7)

1,248.4 再登 End

2015年 02月 21日
2015年2月21日(土)
--------------------------------------------------


1,248.4 再登 End




さあ、ここからガンガン撮ろうと思っていた矢先に、

青空が隠れてしまった・・・


暫く待つも雲は抜けなかった。 残念。



山の天気は、めまぐるしい。

刻々と光量、光線が変わっていく。

そこがおもしろい。 飽きない。







a0313234_17200287.jpg

















a0313234_17221292.jpg


















a0313234_17223382.jpg














a0313234_17240173.jpg
















a0313234_17244728.jpg



















a0313234_17251020.jpg















a0313234_17251622.jpg





今回の撮影もボリューム満点だった。

もう、お腹いっぱい。 真っ直ぐ下山した。




なごり惜しい風景に後ろ髪を引かれながら。












a0313234_17253465.jpg













shooting date 2015/2/4






by wild-hunch | 2015-02-21 18:18 | Comments(0)

1,248.4 再登 ③

2015年 02月 20日
2015年2月20日(金)
--------------------------------------------------


1,248.4 再登 ③



ヘンな間隔の投稿で失礼します。

こんなblogなんだな、とお諦らめ下さい。(笑)











a0313234_13070630.jpg







いざ、頂上へ急ぐ。

ここからは黙々と歩くのみ。




この日は深い雪ではなかったが、

新雪で足が取られた。

慣れてはいるが、息が上がる。




空は好転の兆し。


そして、頂上の避難小屋へ到着。








a0313234_13071252.jpg
















a0313234_13072926.jpg




圧巻。












a0313234_13071873.jpg






もう、こうなると収拾がつかない。 驚きだ。











a0313234_13073662.jpg
















a0313234_13072325.jpg
















a0313234_13074181.jpg







まだ、引っぱります。











shooting date 2015/2/4






by wild-hunch | 2015-02-20 14:29 | Comments(4)

1,248.4 再登 ②

2015年 02月 17日
2015年2月17日(火)
--------------------------------------------------


1,248.4 再登 ②




朝日の色温度が、みるみる変わっていく。



冬山の光の抜け方は繊細だ。 

素晴らしい以外の言葉が出ない。



だから、皆さん何度も登るのでしょうね。










a0313234_12064758.jpg


















a0313234_12073064.jpg














a0313234_12080372.jpg

















a0313234_12090637.jpg

















a0313234_12083921.jpg
















a0313234_12093108.jpg














a0313234_12082413.jpg















a0313234_12085466.jpg




このベンチで幾万のドラマがあったんだろう。



その一つにでも、触れれただろうか?








shooting date 2015/2/4






by wild-hunch | 2015-02-17 12:49 | Comments(2)

1,248.4 再登 ①

2015年 02月 16日
2015年2月16日(月)
--------------------------------------------------


1,248.4 再登 ①





今シーズン2度目の登頂へ。



頂上にて夜明けを迎えるつもりであったが、

これは間に合わないと判断、

中腹のベンチで迎え撃つ。



申し分無いコンディションにて、闇スタ。



隙間から陽が指しそうだ。








a0313234_17303618.jpg















a0313234_17330958.jpg















a0313234_17333477.jpg















a0313234_17344521.jpg















a0313234_17345597.jpg







同行のratoさんと絵が被らないよう、対局にウロウロしたつもりだが・・・・


フタを開ければ・・・  まあこんなもんです。 

カメラマンの目線というものは。









a0313234_17350297.jpg















a0313234_17350841.jpg





朝日が落ち着いてきた。

至福の時は刹那だ。 


さて 一本立て、いざ頂上を目指す。





shooting date 2015/2/4






by wild-hunch | 2015-02-16 18:43 | Comments(3)

再び頂きへ part 4

2014年 12月 12日
2014年12月12日(金)
--------------------------------------------------


再び頂きへ part 4






a0313234_01161849.jpg





イタイ、イタイ・・・


カッターナイフの刃のような霧氷が飛び交う。


目を開けていられない。

忍耐の撮影が続く。










a0313234_01163527.jpg








やがて眼下に拡がりだした光景に釘付けになる。

こうなると毎度のことだが

撮影がどうでもよくなる。



どうせ肉眼で見ているこの絶景は

自分の腕では撮れるはずもない。



だから何度も色々な頂きを目指すのだ。

その瞬間でしか味わえない。










a0313234_01164794.jpg









a0313234_01164112.jpg










a0313234_01165349.jpg










a0313234_01170520.jpg











a0313234_01171177.jpg











a0313234_01171628.jpg







で、安全に下山した。




ratoさん。

今回も、ねちっこい撮影に同行いただきありがとうございました。

また次を企てましょう。






by wild-hunch | 2014-12-12 05:17 | Comments(2)

再び頂きへ part 3

2014年 12月 11日
2014年12月11日(木)
--------------------------------------------------


再び頂きへ part 3



頂上は身を切る強風が吹き抜けていた。








a0313234_00524249.jpg







しばらく小屋で待機するも状況が変わらず

諦めかけた頃ようやく霧が抜けだした。








a0313234_00512202.jpg










a0313234_00521453.jpg







a0313234_00532026.jpg








a0313234_00534353.jpg









a0313234_00535507.jpg










a0313234_00532883.jpg











a0313234_00540032.jpg







今回の撮影も無事成立した。


しかし、まともに撮れているのか不安だった。





by wild-hunch | 2014-12-11 05:54 | Comments(2)